ホーム > OB訪問 > 大学生のOB訪問の活用法

大学生のOB訪問の活用法

あなたは、OB訪問をしていますか?

大学生が、してみることで様々なメリットがあります。

今回は、OB訪問をしたらいいメリットや活用法に迫っていきます。

OB訪問とは

OB訪問とは、就職したい会社のOBを訪ねて、情報収集することです。

大学生だと、サークルがあって先輩との交流が良くありますよね。

だから、先輩が就職した会社の情報を聞きやすいと思います。

OB訪問することで、面接で話しやすくなることはもちろんのこと、就職してからも「思っていた職場と違う」といったミスが少なくなるからです。

情報を知るためにはOB訪問を活用してみることがオススメデスよ。

大学生はOB訪問をしたほうがいい

大学生がOB訪問することでメリットがいくつかあります。

役立つと思うので、ぜひ役立て見てくださいね。

会社のことが聞きやすい

会社に受かりやすくするためには、仕事内容、勤務時間、待遇、社内の雰囲気などそっておいたほうがいいです。

就職してから原因は、「人間関係」なのです。

仕事は、一人でするものではなく協力していかないといけません。

特に、上司や先輩のことを知っておくと、人間関係をうまく築いていくことができますよ。

だから職場の情報を多く取り入れて、あなたが就職してからのイメージをしておく必要があります。

もしも、情報を知っていて「入りたくないな」と思ったら、辞退することができますからね。

一度、就職してしまったら辞めにくいですよね。

 自己分析できる

自己分析とは、あなたの強みを探って就職下からどのように活かすことができるのか調べることです。

それには、あなたがこれまでの乗り越えたことや努力したことから見つけ出すことができます。

一度、紙に片っ端から書き出してと分かりやすいです。

さらには、OB訪問して話を聞きているうちに、あなたの強みをどう生かすのかイメージが付きやすくなりますよ。 

就職が有利になることがある

OB訪問して、話を聞くことで会社が求めていることや、どんなことを言ったらいいのか分かりやすくなります。

また、先輩も入社する時には書類選考や面接をしたはずです。

ですので、どんなことをアピールしたのか、質問内容を知ることで、少しでも受け答えしやすくなるんで、就職が有利になることがあります。

大学生は、せっかく学歴や知識を無駄にしたくないですよね。

だからこそ、紹介したようなこともあるのでOB訪問をオススメします。

大学生のOB訪問の活用法のサイトでも詳しく紹介していますので、チェックしてみてくださいね。